トップ > 暑中見舞い・残暑見舞いの文例・マナー集

暑中お見舞いと残暑お見舞いは 「立秋」 が境目です


夏の暑い季節に、相手方の健康などを気遣って出す挨拶状です。暑中・残暑ともに出す期間も長く、気軽な文書でも大丈夫ですが、長い文面は避けます。
マナー
目上の方・上司に出す時は、「盛夏」 などの短い言葉は使わずに「暑中お見舞い申し上げます」 「残暑お見舞い申し上げます」を使います。家族などの写真入りのはがきは、上司・仕事関係の方へ出すのは、失礼に当たりますので気をつけましょう。

暑中お見舞い
小暑から立秋の前日までに届くように出します。
「盛夏」 「暑中お見舞い申し上げます」 などを使います。

残暑お見舞い

立秋の後、8月末・遅くても9月初旬までには出します。あまり遅くなると、もらった方が返礼に困ってしまいますので、早めに出しましょう。
暦の上では秋になりますので、「残暑お見舞い申し上げます」「晩夏」「立秋」 などを使います。



文例◆(ご参考にどうぞ)
暑中お見舞い/一般向け
連日の猛暑が続いていますが、お変わりございませんか。
おかげさまで私どもは、元気に過ごしております。
時節柄、ご自愛のほどお祈り申し上げます。

暑中お見舞い/友人・気軽な挨拶に
暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか。
お互い暑さに負けないで、がんばりましょう!

残暑見舞い(立秋 8/8 前後 以降)◇
立秋の声を聞いて、いくぶんしのぎやすくなって参りました。
まだまだ暑さ厳しき折から、お体には充分ご留意下さい。

お返事に(お礼を込めて少し丁寧に書きましょう)◇
ご丁寧な暑中お見舞いを賜り、ありがとうございました。
おかげさまで、家族一同、元気に過ごしております。 
まだ日中の暑さは厳しいようですので、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

日付
平成○○年 盛夏  平成○○年 八月  など

サイト内の文章・マニュアルの転載は、禁止致します 
Copyright(C) mugenka_tei All Rights Reserved since 2005